【PeakDesign】トラベルバッグパック45Lは最高のカメラリュック|詳しく紹介

スポンサーリンク
カメラ
スポンサーリンク

こんにちはJEYEARTHです。

今回は、Peakdesignのトラベルバッグパック45Lを購入したので紹介していきます。

このPeakdesignのトラベルバッグパック、すごい機能や伝えたいことが沢山あります。長くはなりますが、自分の知る限りこの記事でトラベルバッグパックのすごいところ全てを紹介していきます。

こんな人に読んでほしい
✔︎トラベルバッグパックがどんなバッグが知りたい人
✔︎買おうか迷っている人
ピークデザインカメラキューブミディアム(M)のレビュー記事はこちら↓
【PeakDesign】カメラキューブミディアムのレビュー|トラベルバッグパックにベストなMサイズ

スポンサーリンク

ピークデザイントラベルバッグパック45Lセージ

改めて、今回紹介するのはアメリカのカメラ関係のグッズを販売しているお店。ピークデザインのトラベルバッグパック45Lというカメラバッグです。

色は、ブラックと緑系のセージの2色展開です。今回紹介するのはセージです。

開封

ピークデザイン専用のビニール袋に入っています。

袋には商品名が書いてあります。

ピークデザイントラベルバッグパック45Lです。開けた状態では圧縮されて入っています。

トラベルバッグパックの大きさ

大きさはこんな感じです。

このバッグは名前に「45L」と書いてありますが、通常モードは40Lでちょっと大きいぐらいです。最大限に拡張して大きくした場合、45Lになります。

後ほど拡張機能については説明します。

メインの収納

背面をガバッと開けると、メイン収納にアクセスできます。

カメラキューブMを入れるとこんな感じです。

2/3がカメラキューブMの大きさで、40Lの通常時だと残り1/3あります。

メインのところには2つポケットがあります。

このポケット実は次に紹介する正面のポケットからアクセスできるのと同じポケットです。

メイン収納には背面からだけではなく、横からもアクセスできます。横からアクセスできるので、バッグを下ろさなくてもメイン収納なら荷物を取ることができます。

正面ポケット

正面には薄めのものが入れやすそうな大きなポケットがあります。

どっちの面にもポケットがあり、計4つポケットがあります。(その内2つがメインと同じポケット)

このポケットは先程紹介したとおりメインのポケットと繋がっています。

正面のポケットの中はチャックで全部開けられるようになっており、正面からメインの収納にアクセスするスタイルにすることができます。

この正面の方のポケットが邪魔な場合は、下に隠しポケットがあるのでそこにくるくるして入れれば、邪魔にならなくなります。

なので正面からメインにアクセススタイルならすることができます。

メガネ入れ

バッグ本体の上の方には、メガネやスマホを入れるのにちょうど良い小さいポケットがあります。

iPhone 12 Pro MAXを縦に入れるとこんな感じになります。もちろん、横に入れればしっかり収まります。

見た目は小さい感じがしますが、中はけっこう深く、長財布も入る大きさです。

あと、中は起毛素材になっているのでスマホとかメガネを入れても安心だと思います。

ドリンクホルダー

バッグ側面には、ペットボトルや三脚などを入れることができるドリンクホルダーがあります。

ドリンクホルダーの横は伸縮素材でできています。なので、何も入れなければスッキリしていて、入れる時はガッツリ入れられるようになっています。

左右のドリンクホルダーどちらにもチャック付きのポケットが付いています。小さめのスマホなら入るぐらいの大きさのポケットです。

ドリンクホルダー、ポケットどちらにもガッツリ入れると、物は取りづらそうです。あと、物を入れちゃうとバッグ側面を開ける時、メインの収納にアクセスしずらそうです。

コンパクト機能・拡張機能

このトラベルバッグパック、記事の最初の方に書いたとおり、使う用途によって、大きさ・容量を変えることができます。

バッグ上部左右に付いているボタンを止めれば、コンパクトになります。

ボタンはかなり硬いですが、硬くないと中に荷物を入れた時すぐに開いてしまうので、これぐらいの硬さが良さそうです。

ショルダーについて

ショルダーはこんな感じです。

胸ベルトも付いているので、ズレ落ちるという心配は無さそうです。

胸ベルトは金属でできていて、「カチャ」っとするのではなく引っかける感じです。

背面には磁石で開閉するポケットがあり、そこにショルダーを収納することができます。磁石はちょうど良い強さで、開けにくかったり、勝手に開くという心配はなさそうです。

ショルダーを収納して背面に付いている持ち手を使えばボストンバッグみたいに使うこともできます。

腰ベルトについて

腰ベルトは背面のところにしまうことができます。使わない時はコンパクトになるので便利です。

しまうところはマグネットになっているので、簡単に出し入れができます。

左の腰ベルトには、チャック付きのポケットがあります。予備バッテリーなどの小物を入れるのに便利そうです。

右腰ベルトは、ものを引っかけられるようになっています。レンズポーチなどをつけられます。

隠しポケットについて

このトラベルバッグパックには隠しポケットがあります。

隠しポケットには最初から、名前など持ち主の情報を書くカードが付いています。

隠しポケットは背負ったときの左背面にあります。

チャック付ではないですが、入り口が狭く、かなり物が出しづらいようになっているので中身が落ちるという心配はなさそうです。

隠しポケットなのでAppleのAir Tagなどの紛失防止タグを入れるのに良さそうです。

チャックが盗難防止になる

このトラベルバッグパックは名前の通り旅行用バッグパックでもありますが、カメラバッグパックでもあります。

高価なカメラ・レンズを入れるバッグなので盗難されたら大変です。

トラベルバッグパックに付いているチャックは、チャック自体が盗難防止になるようになっています。

もちろん、この盗難防止機構は簡易的ではありますが、簡単には開けれないようになります。

場合によっては南京錠でしっかりとロックすることもできます。ただ、南京錠でのロックは安心感はありますが面倒くさいのでこのロック機能はちょうど良いかと思います。

なんでも引っ掛けられるワイヤー

バッグ正面にワイヤーを引っ掛けてかさばるものを止めることができます。

バッグ正面の下に、磁石で口ができているポケットがあり、そこにワイヤーが収納されています。

使う時は、ワイヤーを出して4個ぐらいついている止め具に引っ掛ければ完了です。

持ち手がいっぱい

このトラベルバッグパックには5個の持ち手があります。

これだけあると、すごい使いやすそうです。

スーツケースにも引っ掛けられる、最近のバッグでは付いていて当たり前な機能ももちろんあります。

色、セージについて

色はすごく迷いました。大きさとか色々と迷いましたが、最後まで迷ったのは色でした。

黒は黒で普通すぎる感じがしたので、あえてカメラバッグっぽくないセージにしました。

セージの茶色のアクセントがかっこいいなと思ったのも、セージを選んだ理由の一つです。

黒は、バッグ全て同じ黒色ですが、セージは違います。

メインの緑色と濃い緑色の2色でできています。2色使いが良い感じのオシャレ要素になっていると思います。

素材感

表面は全体的に硬い素材になっています。カメラバッグなので、ふにゃふにゃよりかはこれぐらい硬い方が、安心感があって良いと思います。

しっかりした素材で、雨は弾く素材なので少しの雨だったら大丈夫そうです。

30Lにしたら全然使える大きさ

少し開封して触った感じを話していきます。

色々とカメラバッグを探して、めちゃくちゃ悩んでこのピークデザインのトラベルバッグパック45Lにしました。

で、悩んだのが45Lという大きさでした。

ちょっと大きすぎるかなと思っていましたが、実際に触ってみるとそこまでではなかったです。(大きくないわけではない。普通にデカいです)

あと、30Lに小さくしたらさらに使いやすくなります。これが良いポイントです。荷物が多い人は、日常生活でもギリ使えるレベルだと思います。

30Lってなると、同じピークデザインのエブリデイバッグパックの30Lと容量的には同じです。

トラベルバッグパック45Lまとめ

機能が豊富、使いやすい、カッコいいというさすがピークデザインって感じです。

値段は高いですが、本当に良いバッグパックだと思います。

めちゃくちゃカメラバッグパックに迷ってすごい調べまくった自分的にはものすごいおすすめのカメラバッグです。

カメラバッグパックで迷っている方はぜひピークデザインのトラベルバッグパック45Lを検討してみてください!

最後まで読んでくださっ方ありがとうございました。

ピークデザインカメラキューブミディアム(M)のレビュー記事はこちら↓
【PeakDesign】カメラキューブミディアムのレビュー|トラベルバッグパックにベストなMサイズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました