アフィリエイト広告を利用しています

ディズニーで使えるおすすめカメラレンズ7選まとめ|キヤノンユーザー向け

本ページはプロモーションが含まれています
TDR
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ディズニーで使える広角・標準・望遠のおすすめカメラレンズ7選を紹介します。

ディズニーで撮る写真をレベルアップさせたい方はぜひ参考にしてみてください。

✔︎こんな人に読んでほしい
・ディズニーで撮る写真をレベルアップさせたい人
・ディズニーで使える新しいレンズがほしい人
・キヤノンユーザーの人

□この記事を書いてる人
ディズニー大好きでこんな写真を撮ったりしています。

※注意
この記事ではキヤノンEFマウントのカメラレンズを紹介しています
スポンサーリンク

ディズニーで使うカメラレンズを選ぶポイント

まず最初にディズニーで使うカメラレンズを選ぶポイントを話していきます。

ディズニーでは広角から超望遠まで使う

人にもよりますが、ディズニーでは広角から超望遠まで使うことがあります。

ですが、自分が何が撮りたいのかを考え新しくカメラレンズを買うようにしましょう。

例)
・風景を撮りたい → 広角レンズ

・キャラクターを撮りたい → 標準レンズ
・ショーやパレードでキャラクターを撮りたい → 望遠レンズ

ディズニーにはズームレンズがおすすめ

ディズニーで使うなら短焦点レンズよりもズームレンズがおすすめです。

理由
・一本でいろいろ撮れるから
・撮りたい画角に移動できないから

ズームレンズなら一本でいろいろと撮れるので、レンズを何本も持っていかずにコンパクトに済ませることができます。

加えて、ディズニーでは主にショーやパレードなどで撮りたい画角があったとしても、必ずしも近くの場所が取れたりなど思い通りにいくとは限りません。

単焦点で画角のリスクをとるよりかは、便利なズームレンズがおすすめです。

画角のリスクをとれるなら単焦点レンズがおすすめ

ディズニーで使うならズームレンズがおすすめと言いましたが、単焦点レンズもやっぱりおすすめです。

画角のリスクを気にしないのならば、ズームレンズよりも高画質な単焦点レンズはディズニーで大活躍すると思います。

特にキャラクターグリーティングを主に撮る人は、画角はある程度把握できるので単焦点レンズがおすすめです。

あと、レンズによってはすごくコンパクトな単焦点レンズがあるのもおすすめポイントです。

できれば手ぶれ補正付きがおすすめ

静止画に関してはあまり手振れ補正を気にする人は少ないかもしれませんが、ディズニーで使うのならばできれば手振れ補正付きのカメラレンズを選ぶのがおすすめです。

理由は簡単で、ディズニーでは三脚が使えないからです。

光が多いとは言えないディズニーで、三脚なしで夜景を撮るのならば手振れ補正があるカメラレンズだと撮れる写真は増えると思います。

おすすめ広角レンズ

ここからは具体的におすすめカメラレンズを紹介していきます。

まずは広角レンズからです。

EF16-35mm F4L IS USM

https://cweb.canon.jp/ef/lineup/wide-zoom/ef16-35-f4l-is-usm/

おすすめポイント
・質の良い純正Lレンズ
・AFが速い
・手ぶれ補正付き
・出目金レンズではない

広角レンズはこの一本がおすすめです。

純正レンズなのでAFが速く、ショーやパレードでも使えます。

おすすめ標準レンズ

次はグリーティングや風景撮影などに使えるおすすめ標準レンズを紹介していきます。

EF40mm F2.8 STM

https://global.canon/ja/c-museum/product/ef419.html

おすすめポイント
・コンパクト
・安い
・安いけど単焦点だからすごい描写は良い

とにかく安く、コンパクトなところがこのレンズの魅力です。

安いですが単焦点レンズなので、ものによっては高価なズームレンズよりも描写が良いぐらいです。

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/a017_24_70_28/

おすすめポイント
・使いやすいズーム域
・F2.8という明るさ
・手ぶれ補正付き

大三元レンズの一本の24-70mm F2.8のシグマのレンズです。

ショーやパレードで撮る時、できれば明るいレンズで撮りたい。

このレンズはF2.8通しなので、シャッタースピードを速くしつつISO 感度を下げることができます。

あと、ほぼ同じスペックのキヤノン EF24-70mm f/2.8L II USMがありますが、シグマの方が安く、手ぶれ補正が付いているのでSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSMがおすすめです。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/a012_35_14/

おすすめポイント
・F1.4という圧倒的な明るさ
・ガチ単焦点レンズだから画質は最高レベル
・グリーティング撮影にベスト

F1.4はめちゃくちゃ明るいです。

暗所など今まで撮れなかった写真が撮れること間違いなしです。

そしてシグマが本気で作った単焦点レンズなので画質はカメラレンズの中では最高レベルだと思います。

35mmという焦点距離はグリーティング撮影にピッタリなので、グリーティングですごいキレイな写真が撮りたい人にはこのレンズはとてもおすすめです。

おすすめ望遠レンズ

最後にショーやパレードで大活躍するおすすめ望遠レンズを紹介します。

EF70-200mm F2.8L IS II USM

https://global.canon/ja/c-museum/product/ef406.html

おすすめポイント
・F2.8の明るさはショーやパレードで超魅力的
・純正レンズだからAFが速い
・白レンズだからテンションが上がる

持っていて損はない望遠レンズです。

ショーやパレードはシャッタースピードを速くするので、F2.8で感度を上げすぎず撮影できるのは超魅力的です。

特にエレクトリカルパレードなどの暗いところでの撮影ではさらに大活躍します。

純正レンズでAFが速いのもショーやパレードを撮影する際には良い点です。

あと、白いレンズなので気持ち的にテンションが上がるのも良い点です。

今回紹介したのはⅡ型ですが、お金に余裕がある人は最新のⅢ型がおすすめです。

しかし、あまり違いはないので今回は安いⅡ型を紹介しています。

※以下は2型ではなく3型です

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

https://cweb.canon.jp/ef/lineup/tele-zoom/ef100-400-f45-56l-ii-usm/

おすすめポイント
・400mmだからシーのハーバーでもキャラが撮れる
・純正レンズだからAFが速い
・白レンズだからテンションが上がる

おすすめポイントはEF70-200mm F2.8L IS II USMとほとんど同じです。

違いと言えば、F値が暗い分、焦点距離が400mmあるので遠くを撮りたい人にはこちらのレンズの方がおすすめです。

200mmだとランドなら大丈夫ですが、シーのハーバーはかなり厳しいです。

SIGMA60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM

https://www.sigma-global.com/jp/lenses/s018_60_600_45_63/

おすすめポイント
・600mmという圧倒的な焦点距離
・60-600mmの10倍ズーム
・高画質&堅牢性が良い

シーのハーバーショーでも、600mmあればとても撮れる写真が増えます。

このSIGMA60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSMは何本かある600mmレンズの中でも高画質な方です。

60mmスタートという点もハーバーで手前にバージが来た時もしっかりと写真が撮れるので良い点です。

純正じゃなくても良く、純正よりも安く、遠くを撮りたい人にはこのレンズはとてもおすすめです。

ちなみに筆者はこのレンズを持っています。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

【3年使用レビュー】SIGMA60-600mmDG OS HSMのメリットデメリットを解説
「SIGMA 60-600mmDG OS HSMってどうなんだろう。使用レビューが気になるなぁ」この記事ではシグマ60-600mmを約3年使用してみてわかった良いところ、悪いところを話していきます。シグマ60-600mmが気になっている人はぜひご覧ください。

ディズニーで使うおすすめカメラレンズ|まとめ

広角から望遠までおすすめカメラレンズ7選を紹介しました。

安い買い物ではないので自分で後悔のないように慎重に考えましょう。(勢いもたまには重要ですが)

自分がパークで何を撮りたいかを考え、予算や性能がピッタリのカメラレンズをぜひ見つけて買ってみてください。

プロフィール
JEYEARTH

JEYEARTH (ジェイアース)です!
ディズニー、映画、ガジェットが大好きな学生です!

JEYEARTHをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
TDRカメラパーク
JEYEARTHをフォローする
JEYEARTH Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました